【ブログを格好よく整理したい】ブログの添削をお願いしてみたら、初心者にありがちなミスいっぱいでした。【人生でやりたい100のリスト】

ブログの事

ブログを書いていて
「本当にこの書き方正しいのか?」と思ったことはありませんか。

たーくん
たーくん

私も、初心者ブロガーですから悩みます。

文章を書くことを生業としているわけではないので、
文章の正しい書き方を学んだ経験がありません。

たしかにまずブログを書くことから始める必要はありますが、
動き出した後は「軌道修正」は必須です。

ブログの添削をお願いしてみたら、初心者にありがちなミスがいっぱいだった件について
情報共有させていただこうと思います。

Step,1 ブログの添削をお願いすることにした経緯

当初から勢いでこのブログは始まりました。

頭の中で悩んでいても、何も変わらない。

たーくん
たーくん

ひとまず動き始めて、あとから整理すればよいさ。

そう思ってやってきましたが、
20記事に近づいてきたあたりから、

たーくん
たーくん

なんだか、統一感が無くて格好悪いな。整理したいな。

という気持ちになりました。

ブログのルールがあるのかすら知らない状態で書き上げてきたのですが、
45年間生きてきたのだから、日本語は問題ないとおもう。

しかしながら、ブログが上手ではないが、何がダメなのか判断が付かないのです。

と、いうわけで、去年私の人生を大きく動かしたライオンさんの力を借りることにしました。

リベラルアーツ大学では、リベシティが運営されており、
そちらに参加していると様々な専門家から知恵を借りることができます。

ブログの作成でも知恵を借りたので、
再びこちらで専門家たちに指摘をもらうことにしました。

Step,2 ブログ添削の回答について

添削依頼の内容と、回答一覧

私は以下のような添削依頼を実施しました

【添削して欲しい部分】
・全体の流れが不自然ではないですか。
飾りや、文字の大きさの演出が不格好ではないですか。
・そもそも、内容に興味が持てる書き方ができていますか。
【どのような意見が欲しい】
読者目線での率直な感想が聞きたいです。

しばらくすると、善意のGIVEさんからの添削結果が来た。
要約すると、以下のとおりである。

  • 筆者が何者か全く分からないので、名前くらいは書きましょう。
  • 「ですます」調と、「〜である」調を統一しましょう。
  • 色が散らかってる。こういうときはこの色を使う、と決めたほうが良いです。
  • 読者目線を意識したブログには、なっていないようです。

清々しいまでに、

たーくん
たーくん

おっしゃる通りでした。

ここからは、頂いた貴重な改善ポイントを一つ一つ再確認していきます。

筆者が何者か全く分からないので、名前くらいは書きましょう。

この添削をいただくまで、私は気が付いていませんでした。

自身のブログが一人称で書いているにもかかわらず、
名前すら明確にしていないのです。

たーくん
たーくん

初手からダメじゃん。

勢いで作ったページですが、
自身の紹介ページも作っています。
ですが、改めてみると改善ポイントがたくさん出てきます。
最初に投降したころには、アイコンすらありませんでした。

書いている人を明確にしないと、ブログの信頼度も薄いでしょう。
雑記ブログを誰が書いているか判らなければ、ブログに興味を持つことは難しいと思われます。

コンテンツを引き立たせる前に、筆者についても洗いなおす必要があると感じました。

そんなわけで、管理人のアイコンを作ってわかりやすくしました。
アイコンを作るまでの試行錯誤は以下のブログを参照してください。

たーくん
たーくん

こういう経緯で私が完成しました。

コン君
コン君

ぼくも作ってもらいました。

「ですます」調と、「〜である」調を統一しましょう。

たーくん
たーくん

ごめんなさい、意識していませんでした。

「であるだ、ですます」に至っては、大学で論文を書くとき以来、
意識をして書いたことすらありませんでした。

そもそも、ブログには「であるだ」と「ですます」のどちらが向いているのでしょうか
まず、「であるだ」と「ですます」の違いを調べる必要があります。

すでに、様々なブロガーさんが研究されているようです。

「ですます」のブログがとても多いので、「ですます」をお勧めします。
「であるだ」の口調だと偉そうに見えるので、ブログではマイナスになると思います。
「ですます」は単調になりがちなので、注意しましょう

と、いうことを書いているブログが多く感じました。

なので、このブログでも、「ですます」で統一してブログを洗いなおすことにします。
20個ある記事を見直す時期にもなっていたので、ちょうど良いのかもしれません。

色が散らかってる。こういうときはこの色を使う、と決めたほうが良いです。

ブログを始めた当初は、様々な色を使って目立たせたほうが良いのかと考えていました。
ですが、いざ様々な色を使って書いてみると、目立たせたいところが目立たないのです。

その結果、目立つために装飾を増やしていって、今では厚化粧なブログになってしまいました

そもそも、ブログには難色くらいを使うのが向いているのでしょうか
また、効果的な色があったりするのでしょうか。

それについても、様々なブロガーさんのページでは研究されているようです。

・文字色は黒で、装飾は2色で充分です。
リンクの色が青になるので、それ以外で。
フォントサイズは変えない。主流ではない。

ということを書いているブログが多く感じました。

たーくん
たーくん

私の書いている厚化粧ブログ全否定です。

これも時間をかけて、ブログを洗いなおすことにします。
20個ある記事を見直す時期にもなっていたので、ちょうど良いのかもしれません。

読者目線を意識したブログには、なっていないようです。

私のブログスキルが、読者の目線を意識できるレベルまで行けていない

というブログスキルが脆弱という問題もありますが、
そろそろ「自分の書きたいことを書く」から
読んでいる読者をイメージして書く必要があります。

読んでいる読者をイメージすることを「ペルソナを作る」と表現します。

これについても、様々なブロガーさんのページでは研究されているようです。
いくつかのブログをみた結論から言うと

・詳細設定は不要「相手の顔を思い浮かべて書く
・検索キーワードを意識して、相手がなぜそれを検索したかをイメージする。

ここまできて、私のブログ。

たーくん
たーくん

どんな人が、何を検索したか想像つきません。

コン君
コン君

「40代のおっさんの日常」って誰が見たいのよ。

っていう気持ちもあります。。

【まとめ】ブログを整理するポイントは、ユーザーにとっての使いやすさの追求だった

今回、ブログをみやすく整理する目的でブログの添削をしてもらいました。

そこで帰ってきた添削結果は、
ユーザーにとっての使いやすいブログとはどんなブログかを考えましょう。
ということでした。

自分の中で印象に残っていることがあります。

今回、指摘された内容について検索をかけると、
様々なブロガーが試行錯誤をした結果を上げているページが検索結果に上がってきました。

検索結果の上位は全て、月数十万件PVのブロガーさんでした。
これはユーザーにとっての使いやすいブログとはどんなブログか?ということが、
ブログを書いている人にとって、最も重要だと考えられているからではないでしょうか。

仕事で文章を書くなら、【お客様の顔を思い浮かべて、通りやすい書類を作成する。】

それがブログを書いていくなら、【読者の顔を思い浮かべて、読みやすい文章を作成する。】

今日の添削をもとに、読者目線のブログを作っていくよう、頑張ります。

たーくん
たーくん

アナタをターゲットにブログを書くことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました