スーツを誂えてみたいけど、そもそもスーツってそんなに必要なのか【人生でやりたい100のリスト】

100のやりたいこと
Shirt and tie icon. Formal suit office. Vector illustration

私たちが新入社員として入所した当初は

たーくん
たーくん

スーツを着てはたらくのは「仕事ができる男」

というイメージがありました。

一張羅のスーツなんて言葉もあったし、みんな率先してよいスーツを着ていました。

私も【人生でやりたい100のリスト】の中に「スーツを誂えてみたい」と記載しましたが、

たーくん
たーくん

でも、正直スーツそんなに着なくないか?

とも、正直思いました。

現在のスーツを考えていくことで、『リストの優先順位』を判断してみようと思います。

必須だった時代と、いらなくなった現代

サラリーマンに必須と思われてたスーツとネクタイ。

かつて高度経済成長期、スーツとネクタイはサラリーマンの基本装備でした。

大企業などでは襟元に社章をつけてスーツ姿のサラリーマンにブランド価値を与えていました。
社章を作れる企業になってこそ、一人前の企業という面すらありました。

また、「スーツ代」として経費が落ちたじだいでもありました。
一部の企業では、まだ経費で落ちるらしい。

スーツで働いてこそ一人前!

などというサラリーマンであふれていました。

ところが、平成に入って、日本人が「世界で働く日本人」になったころ、

スーツは「世界基準な装備ではない」と気が付いてしまいました。

  • 世界では 一張羅のスーツより高級な「フォーマル」な服を着るらしい
  • 世界では スーツは労働者としての着物という認識らしい。
  • スーツ姿で働くのは、典型的な日本人の証
  • 欧米では「スーツを着て働く日本人」を滑稽に見ている

時代経過とともに、スーツ姿のイメージが変わっていきました。

カジュアルデイの普及で「仕事着=スーツ」ですらなくなってしまった。

サラリーマンに必須と思われてたスーツとネクタイ、

最近はしている人が減っているのに気が付いていますか?

カジュアルディ、私服出勤、クールビズ、テレワーク。

通勤電車の中も、スーツではない人が増えました

朝の満員電車でも「30人中10人未満」ではないでしょうか。
ネクタイをしていない人はそれより多いです。

2年前の産経新聞によると

  • スーツ姿の半数がノーネクタイ
  • 80%の人が「ほとんど付けない」「外部の人と会う時だけつける」

となっています。

私自身も、
「ノーネクタイ」が始まった当初は気恥ずかしさが勝ってネクタイしていました。

ですが、今ではスーツを着てネクタイつけている人を見ると

たーくん
たーくん

あー、外に出る用事がある人なんだな。

と言う目で見るように変わりました。

ひょっとして、スーツはイラナイ子になってますか?

私自身、歳を重ねるごとに、スーツの着こなしが良くなると思っていた。
ですが、20年たっても着こなしが変わることはありませんでした

正しい服装で出席しなければいけない仕事って少ない

ともだち
会社の先輩

内勤だと、ノーネクタイだし、
会う人は固定だから格好はラフでなければ良い。

最近のオフィスだと、清潔感のある服装をしていれば、
それほどしっかりした服装を求められません。

サラリーマン20年越えると、スーツもシャツもネクタイも消耗品。
消耗品にいちいちお金をかけていれるほど、家計は豊かではありません

父の日のプレゼントは「ネクタイ」から
お酒や、お肉といった消えものにかわりました。

冠婚葬祭に呼ばれることが減り、礼服としてのスーツも不要となっています。

コン君
コン君

こんな状況で頑張ってあつらえてスーツ作ってどうするのさ?

私は、本当にスーツが欲しかったのだろうか。

(まとめ)やりたい事の中でも、冷静になって見直すことマジ大切

【人生でやりたい100のリスト】の中に『スーツを誂えてみたい』と書きました。
それは、昔の人たちの価値観に流された自分が作ってみたいと思ったものでした。

自分の『やりたい事』を書いたと思っていましたが、
人の価値観に振り回されたものも入っていました

確かに『スーツを誂えてみる』という行為は、とても価値のあることであり、
体験することができたら、素敵な経験になるだろう。ということは判ります。

ですが、自分の人生でやりたい事。というわけではないなと思いました。

実際、新しいスーツは欲しかったので書きましたが、
誂えるほどではなく、吊りものの安いもので充分です。

自分の人生でやりたいことは、自分の価値観で決める。

【人生でやりたい100のリスト】のルールにも書いていました。
一般論は捨ててください
今の自分がやりたいことを書きましょう

将来は判らないけど、『スーツを誂えみたい』は、
【人生でやりたい100のリスト】からひとまず対象外となりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました