僕たちは振り回される?同棲しているゲイカップルの世帯所得が特異である点【年の差ゲイカップルのリアル】

ゲイあるある。

いつかは同棲生活したいなぁ。

と考えるカップルは少なくないのではないでしょうか。

同棲するうえで一番大切なポイントは何でしょう。

お金です。

お金のもめごとは恋愛感情を冷ましますし、
お金がうまくいっていれば、恋愛感情を増すために使うこともできます。

ですが、一般家庭の1か月あたりの生活費の参考って
ゲイカップルの場合って見ません。

その理由としては
ゲイカップルの世帯所得が特異であるためではないかと推測します。
特異なため、振り回されている人があまりにも多く見受けられます。

今日は振り回されないためにどうすればいいのか語っていこうと思います。

僕たちはお金に振り回される

前提として、ゲイカップルは世帯所得がおかしい

ゲイカップルの場合、基本的には「共働き世帯」となります。
「専業主夫」がいないわけではないのですが、あまりいません。

そのため、一般的な家庭より財務状況が良い傾向にあります。

例えば、
二人とも年収450万円のゲイカップルの税引き後所得(所得税・住民税・社会保障を引いた後)

450 – 11 – 21 – 65 = 353 万円 (年収 ー 所得税 – 住民税 – 社会保障)
×2名 =706 万円

となります。
この世帯所得を 片方が働いてもう片方が家庭に入った家庭で得ようとするには

706 万円 = 990 – 80 – 61 – 143 (年収 ー 所得税 – 住民税 – 社会保障)

年収990万円必要となります。
全給与所得者に対する年収1,000万円以上の割合は、男女計で4%未満と言われていますので、
本来はとても難易度が高いです。

にもかかわらず、ゲイカップルの場合、それは比較的容易に達成できてしまいます。

「DINKS」と呼ばれる共働き家庭に似ているように見えるかもしれません。

ですが、ゲイカップルの場合 子どもを育てることが無いため、
養育費の積み立ても必要ありません。
子育て期間の所得収入のブランクもありません。

こういったことから、所得面においてゲイカップルの場合は有利と言えます。

ですが年収に釣り合わない世帯所得を所持することにもなるため、
このことがゲイカップルの健全な家計簿を作ることを阻みます。

幾人かのゲイカップルとお会いしましたが、すべての世帯が使いすぎの傾向がありました

世帯所得に合わせると、身の丈を越えてしまう

ふたりの収入を一つにまとめて支払っていこう。
というところもありますが、私はお勧めしていません。

お財布の中に入っているたくさんのお金。
あなたは浪費せずにいられますか?

ゲイカップルの場合、同棲することで世帯所得は増えます。

  • 広すぎるマンションに住んで
  • あちこと海外旅行に出かけて
  • 豪華な外食を繰り返す。

なんて人は少なくありません。

ですが、パートナーが怪我や入院をしてしまった場合
生活水準が急激に悪化することに耐えれますか

ゲイカップルの同棲の場合、有事に対して制度による保護はありません。
別れた場合は、急な引っ越しなどが必要になることもあります。

元カレと住んでた時は毎年ハワイに行っていたんだけどなぁ。

と、過去を懐かしむ人も少なくありません。

ここで間違ってはいけないのは、
本来のあなたの収入ではできない生活をしていただけなのです。

ゲイ特有のマウンティングに振り回されるな

ゲイの一部の方は確かにセレブです。
高収入な方々がいるのも事実です。

SNSをみれば、

  • ビジネスクラスで海外旅行へ行ってきた
  • 高級旅館で美味しいもの食べに行ってきた。
  • タワーマンションでパーティをした。

華やかに遊ぶ人たちをうらやましく思うかもしれません。

手元を見れば、パートナーとあなたのお給料がお財布の中に入っている。
あなたは浪費せずにいられますか

アナタにとってキラキラと見えたそのマウンティングは、
アナタのパートナーにとってもうらやましく思えるものだったでしょうか。

あなたのパートナーにとっては無駄遣いにしか見えない、
もめ事のきっかけの場合もあります。

同棲するとき最初に決めておくべき、希望する生活水準

同棲するにあたって、まず最初に希望する生活水準を決めておきましょう。

同棲するにあたって
今より豪華な生活を求めますか?
今の生活水準で良いですか?

今住んでいる環境と生活水準を変える必要が無い場合、
住む部屋は今までの一人暮らし+2万円程度。程度をお勧めします。
2人だからといって、倍額は必要ありません。

家賃5万円の1kにすんでいたのなら、+2万円だせば同じ地域で2人暮らしの家が借りれるはずです。
+2万円くらいまでなら、いざというとき一人でも払い続けることができるでしょう。

今までと同じような生活水準で生活し、月額3万円浮きます。

逆に言えば、3万円高い場所に移動することもできますが、

家賃の高さと、生活水準に一定の比例がみられるように、
家賃の高さと、生活にかかる費用も一定の水準で上がっていきます。

世帯所得が700万になったからと言って、
年収が倍の人たちの同じ生活は、無駄に感じるかもしれません。

たーくん
たーくん

どうせ生ビールしか飲まないから、安い店で上等だ。

コン君
コン君

時々は美味しいもの食べに行きたいけどね。

世帯所得が上がっても、あなたの本質は変わらない

世帯所得が上がると、可能になることがたくさんあります。

ですが、それはあなたの成果ではなくパートナーの努力の結果である。

ということを忘れないようにしましょう。

浮いた金額は見栄や、マウンティングのために使うのではなく、
自分磨きに使って本質をよりよくしたり、
パートナーと一緒にいる幸せに使うことをお勧めします。

あなたのお金は、あなたの生活でしか正解はありません。
ですが、参考になれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました