【転職したい】パートナーが転職活動を始めたら、確認しておきたい事【同棲生活はどうなる?】

年の差ゲイカップルの日常

最近では一つの仕事を一生続けることは少ないそうです

同棲しているカップルの場合、自分自身ではなくパートナーが転職をすることもあり得ます。

そうなったときに、どのように対応すればよいでしょうか。
その時のために、何を準備しておけばよいでしょうか。

今日は「パートナーが転職活動を始めたら、確認しておきたい事」
について考えていこと思います

パートナーが転職活動を始めたら

転職活動に協力してほしいことを確認しよう

貴方に何を期待しているか確認しましょう。

転職活動の経験があれば、情報共有してほしいかもしれません。
相手の希望する業界について、あなたのほうが詳しいかもしれません。
片方が無収入の間、家計を支えてほしいと考えているかもしれません。

本来、一人で抱えることの多い転職活動ですが、二人である利点は利用しましょう。

IT関連には詳しいので、転職サイトに登録してみました。
転職サイトの使い方や現状が見れて良かったです。

ITは苦手だから助かったよ。

わからないのにいろいろ言われると嫌だけど、
状況が判っているのは有難い。

と、いう風に自分一人では上手にできないところも助け合いましょう。

二人の生活費を確認しよう

今の月々の生活費は把握していますか?

同棲しているカップルの場合、生活費はお互いに負担し合っているかもしれません。

  • 退職に伴う転職活動の場合、月々の生活費が払えなくなる可能性があります。
  • 家計を維持するのはもう一人の収入に頼ることになるかもしれません。
  • 転職活動中でもある程度の費用負担の必要があるかもしれません。

お金でもめると、縁も切れやすいです。

片方が不満・負担にならないように事前に確認はしておきましょう。

たーくん
たーくん

月の共有生活費は15万くらいかな?

コン君
コン君

1年転職活動できるくらいは貯めているけど、
ちょっと助けてくれると嬉しいな。

と、いう風に二人の背負える負担を知っておくことをお勧めします。

 

公的制度を確認しよう

転職活動中の公的制度は確認しましたか?

公的制度は失業手当だけではありません。
年金・保険の支払いの免除がありますし、
職業訓練などの制度もあります。

※詳しくは以下をご確認ください。


転職活動は長期戦になることもあります。
転職活動をしている本人に、余裕がなくなることもあるでしょう。
その時にどれだけ支えられるかが、パートナーの大事な役割です。

公的制度のように、「あると助かる制度」について、
知っておけばパートナーの転職が優位になります。

情報による援護射撃をするのも、パートナーの役割だと考えましょう

【まとめ】パートナーの役割は、支えることかもしれません。

誰もが「転職」を経験するこの世の中、
一度は「転職」を考えたことがあるのではないでしょうか。

大切なパートナーが転職を考えたとき、

よっしゃ分かった。支えたるから、良い仕事見つけろよ!

と言ってあげれる準備はできていますか?

  • 転職活動に協力し、二人で乗り越えましょう
  • 二人の生活費を確認し、生活を守りましょう。
  • 公的制度を使って、効率よく転職活動をさせてあげましょう

転職活動中、不安なのは本人です。
全力で支える、ええパートナーになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました