【どこでもいる顔】ルックスはソコソコでも、イケメンゲイと思わせるための3つのポイント【でも格好いい】

年の差ゲイカップルの日常
たーくん
たーくん

格好いい人っていますよね。

ノンケでも、ゲイでも、何もしなくても格好いい人はいます。
100人いたら、2,3人くらいは何をしていても格好いいに分類されるイケメンだそうです。

ですが、
2,3人しか格好いいわけではありません
そこまで顔はすごくなくても、格好いい人はいます、それは何故でしょう。

ともだち

今日はルックスがボチボチだけども、
イケメンゲイだわ!

って思われる 雰囲気イケメンゲイ について考えていきたいと思います。

ルックスはソコソコでも、イケメンゲイと思わせるための3つのポイント?

格好いいと思われるための選択を意識している

アナタは格好いいと思われる選択が出来ていますか?

意識をしないと、格好いい選択を見つけるなど、普通の人は不可能です。
※これが天然でできる人は、元々イケメンゲイです。

見た目だけではなく、普段の立ち居振る舞いは重要です。

BAR ママ
BAR ママ

イケメンがするなら許せるけど、ブサイクがするなら許せない

という言葉もありますが、
上位2,3%のイケメンしか許されない事なので、そういう行動はダメな事と認識しましょう

普通に人と歩くだけでもこう感じることがありませんか?

たーくん
たーくん

なんだか、荒々しい歩き方で、マナー悪いなぁ。

たーくん
たーくん

この人は歩くペースが一緒で歩きやすいなぁ。

同じように歩いているとしても、些細な気配りによって相手の好感度は変わります。
格好いいと思われる行動を意識したほうが良いでしょう。

格好いいと思われるための外見を意識している

アナタは格好いいと思われる見ためが出来ていますか?

生まれ持ったルックスを変えることはできません。
ですが、生まれた後に得たものは変えることができます

外見の一つの要因として 身体
好きな人に格好いいと思われる身体になるのは努力で何とかなります。

BAR ママ
BAR ママ

10㎏筋肉付けるか、脂肪付けるか、両方付けるかすれば
ゲイの世界では一つ上の世界に移ることができるわよ~

という言葉もあるとおり、
トレーニングに励むゲイや、デブ活に励むゲイがとても多いです。
そして、結果を出している人は格好いいです。

外見のもう一つの要因として、ファッションセンス
服を着こなすことや、髪型を整えるとき、
格好いいと思われるものを選び、それを実行できるでしょうか?

たーくん
たーくん

格好いい流行りも変わるので、選ぶのは難しいなぁ

ファッションを選ぶことができるのも
格好いいを知って、それを意識している必要があります。

ただし、
ゲイの世界での格好良いと
一般社会の格好良いは、明らかにズレています。

学校に行くと、めっちゃ浮くんだよなぁ。

とならないように、時と場合を切り分けれることも格好良さかもしれません。

格好いいと思われるための発言を意識している

アナタは格好いいと思われる言葉遣いが出来ていますか?

ネガティブな発言は避けましょう。
貴方のイメージをネガティブなものと紐付けてくれます。

それより、ポジティブな行動を意識しましょう。
貴方のイメージをポジティブなものと紐付けてくれます。

その時あっていない人の印象は
過去の記憶や発言から思い出されるようです。
しかも結構中途半端な記憶で思い出されます
ネガティブな発言の人より、ポジティブな発言の記憶が多いほうが好感が上がります

この例を例えると以下のようになります。

慣れた遊び人

人の多い飲み会って苦手なんだよ。
あまり知らない人相手するの苦手なんだよね

コン君
コン君

たしか、飲み会が苦手で、知らない人も嫌いな人
なんだか、誘いにくい人なんだなぁ。

少人数の飲み会が好きなんだ。
少人数でも仲が良い人と盛り上がって楽しいよ。

コン君
コン君

たしか、飲み会が好きな人。盛り上がってくれる人
一緒に飲みに行ってみたいなぁ。

ポジティブな発言をする人のほうが好かれやすい
=格好良いと思われる行動と言えるのではないでしょうか。

天然イケメンは作れないが、養殖イケメンには意識次第で変われる?

今回は、イケメンゲイと思わせるための3つのポイント を考えてみました。

  • 格好いいと思われるための選択を意識している
  • 格好いいと思われるための外見を意識している
  • 格好いいと思われるための発言を意識している

どれもが後天的に変えることができます。
いわば「雰囲気イケメン」になるための方法と言えるかもしれません。

本当のイケメンになるわけではありませんが、
今以上に人に好かれたい人は試してみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました