ゲイの同棲生活に【少ない部屋数と、広めのLDK+収納】をお勧めする4つの理由

年の差ゲイカップルの日常

新生活を始めるうえで、間取りは重要です。

初めての一人暮らしなら1Kで上等。
新婚家庭なら1LDK~2DK
子育て家庭なら子ども部屋を想定して3LDK以上欲しいなどあるかもしれません。

ゲイの同棲の場合は1LDK+広めの収納 がお勧めです
それは以下のようなことが理由です。

  • 家庭内別居ができない少ない間取りにする。
  • 別れて仕事や趣味ができる部屋数は必要。
  • 収納は広すぎるくらいのスペースが必要。
  • キッチンや洗濯機周りも男二人で動き回れる広さが必要。

ゲイの同棲の場合は、ストレートなカップルの新婚家庭と似ているようで違う点が多いです。
子どもが生まれて必要な部屋数が変わることもありますが、
ゲイの同棲の場合はライフステージが変わることはありません。

最初にしっかりとポイントを押さえ、心地よい同棲生活をスタートしましょう。

ゲイの同棲には【1LDK+広めの収納】がお勧めな4つの理由

家庭内別居ができない間取りにする

私が、1LDKをお勧めする理由は 家庭内別居ができない間取りにするためです。

家庭内別居とは
同じ家にいても、別居しているのと同じ状態で「一人で」暮らすこと。
一般的には離婚手前の時に使われています。

一人一人で生活ができる自由な生活ができることは一見楽に感じられます。
ですが、各自が勝手に生活をして居る同棲生活では、二人の仲を深める効果は少ないです。

ルームシェアくらいの距離感が良いという人もいますが、
家庭内別居するくらいなら、最初から同棲は辞めておきましょう

同じ部屋で寝食を共にすると、相手のことを身近に感じることもできます。
喧嘩をしても、一晩一緒に寝ることで気分が落ち着くこともあるでしょう。

確かに、相手に合わせて生活をするのはストレスになるかもしれません。
ですが、二人寄り添って同棲生活をすることは、二人の仲を強くすることを期待しましょう。

別れて仕事や趣味ができる部屋数は必要。

一緒に生活をする上で、生活スタイルを合わせることは大切ですが、
一時的に一人になれるスペースはどうしても必要です。

たーくん
たーくん

テレワークが普及してきて、自宅でお仕事をする機会も増えました。

コン君
コン君

ゲームを遅い時間まですることもあります。

風邪など体調不良の際に、同じベッドで寝ることは避けたほうが良いですし、
ワークスタイルの違いによって、就寝時間にずれがある場合もあります。

ですが、各自の部屋を作ってしまうと

  • 何をしているかわからない。
  • 隠し事ができる場所がある。

など、不安要素を作りやすくなるのは問題です。
うちでは、

たーくん
たーくん

テレワークは寝室の机で

コン君
コン君

ゲームや趣味はリビングの机で

と分けています。

お互いが入っても問題ない仕事(趣味)のスペースを作ることをお勧めします。

収納は広すぎ・多すぎなくらいを用意する。

以前、ゲイカップルの世帯が使いすぎの傾向があるとお話しさせていただきました。

一人暮らしより世帯所得が高いために、購買行動がしやすくなります。
ゲイの同棲の場合、一人暮らしをしていた時より、服・物などが大変多くなる傾向があるようです。

趣味にお金をかけることもできますので、普段は使わない物が結構増えます。

コン君
コン君

同棲してから、スノボの板買っちゃった。

たーくん
たーくん

ホームジムセット買ってしまった。

一般的な1LDKにあるクローゼット程度の収納など、
すぐに埋まってしまいます。
収納スペースは「ファミリー向け」くらいのスペースはキープしましょう

2LDK借りて、1部屋をウォークインクローゼットにしても良いかもしれません。

キッチンや洗濯機スペースは広めにする。

キッチンスペースも「ファミリー向け」くらいのスペースはキープしましょう。

ゲイの同棲の場合、基本的には共働き世帯となります。
食料品の買い足していくことも難しいかもしれません

そのため、キッチンに大容量の家電が必要です。
また、生活導線も余裕をもって考える必要があります。

例えば、キッチン周りをドタバタと男二人で動き回ったら、
例えば、家にゲイ友を呼んで、ホームパーティーをしたら、

狭いキッチンでは、すぐにキャパオーバーです。

洗濯スペースもファミリー向けをお勧めします。

たーくん
たーくん

仕事の状況次第では毎日、洗濯することは難しいです

にもかかわらず、男性二人分の洗濯物がたまっていきます

お休みの日に一気に回せる洗濯機が置けるスペースが必要です。
毎日夜に全自動洗濯機をすることも可能ですが、男性二人分の洗濯物は大量です

余裕があるに越したことはありません。

【まとめ】ゲイの同棲生活には、部屋数少なく、住環境は贅沢に

お勧めの間取り「1LDK+広めの収納な生活」について書かせていただきました。

寝るときは一緒に仲良く。
お互いの時間も尊重しつつ、
家事は二人で仲良く、余裕のある生活。

そのような生活を送るには、1LDK+広めの収納な生活をお勧めします。

探すのに難しい間取りと思われたかもしれませんが、
収入がしっかりした中高年シングルをターゲットにした広めの1LDKは結構多いです。

借りる人たちも、そういった人たちですので、同居人に不安がありません。

初期投資は多少かかるかもしれませんが、
ゲイの同棲生活は、安定すれば引っ越しが必要なライフステージの変化がありません。

今回説明した4つのポイントを押さえて、素敵な同棲生活を始めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました